腕時計ちゃんねる - 腕時計まとめ - : 時計ニュース

最新更新情報

時計ニュース

【ルイ・ヴィトン】7月11日、ブランド初のスマートウオッチ“タンブール ホライゾン”を発売!!!

0
コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 :ノチラ ★ 2017/07/11(火) 10:43:08.91 ID:CAP_USER.net

    「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は7月11日、ブランド初のスマートウオッチ“タンブール ホライゾン(TAMBOUR HORIZON)”を発売する。価格はベルト付きで27万7000円〜。いずれも42mm径で、ステンレススチールケースとブラックPVDの全3種を用意した。表参道店や松屋銀座店など、主要ブティックで販売する。

     時計マーケットに参入した際に発売し、今年15周年を迎えた基幹ライン“タンブール(TAMBOUR)”のケースを採用し、最高レベルの液晶を搭載。アンロック画面やバッテリー残量確認画面、着信通知などには、アイコニックなイニシャルやモノグラムが現れる。スマートウオッチはグーグルと提携し、他社の時計同様、OSにはアンドロイド ウェア 2.0を搭載。アンドロイド・ウェアとLVパスという、2つのアプリをダウンロードして使用する。

    これまで「ルイ・ヴィトン」が発表してきた“タンブール”や“エスカル タイムゾーン” “エスカル スピンアウト”などさまざまなフェイスが選べるが、どの文字盤を選んでも、世界の複数の地域の時刻を表示するGMT機能付き。サブダイヤルには、好きな機能を選択することも可能だ。さらに「ルイ・ヴィトン」のトランクやバッグなどのパーソナライゼーション同様、特定の文字盤中央には好みの色でストライプを描き、最大3文字までイニシャルを入れることできる。



    ストラップは色とりどりのアリゲーター、“モノグラム”や“ダミエ”モチーフのキャンバス、ラバー、カーフなどを用意。男女合わせて60種類以上のストラップが選択可能で、いずれも簡単に付け替えできる。レザーグッズのモチーフから時計のフェイスまで、バリエーション豊かでアイコニックなデザインを有しているからこそ、多様なカスタマイズが楽しめる。文字盤は今後、さらにバリエーションを増やす予定だ。


    https://www.wwdjapan.com/447629








    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1499737388/

    Sponsored Link

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    【スマートウォッチ】wena wristに長方形アナログ時計の新モデル

    0
    コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 :ノチラ ★ 2017/06/22(木) 02:06:43.48 ID:CAP_USER.net
    ソニーは、腕時計のバンド部分にスマートウォッチの機能を内蔵した「wena wrist(ウェナリスト)」の新モデル「wena wrist Three Hands Square(ウェナリスト スリーハンズスクエア)」を発表。6月30日より発売する。

    「wena wrist」は、腕時計のバンド部分に「電子マネー」「スマートフォンの通知受取」「歩数などの活動ログ」といった3つの機能を搭載したスマートウォッチ。「wena wrist Three Hands Square」は、「wena wrist」のステンレスバンド部はそのままに、ヘッド部に長方形型のアナログ時計を採用したモデルとなる。

    具体的には、ヘッド部側面の曲線をステンレスバンド部となめらかにつなぐことで、腕の細い人にもフィットする美しく軽やかなデザインとした。また、従来モデル「Three Hands」の約55g、「Chronograph」の約73gに対して、重量約18gを実現するなど、小型・軽量化も図った。
    価格は、ヘッド部+バンド部では「WN-WT11S(シルバー)」が43,880円、「WN-WT11B(プレミアムブラック)」が47,880円。ヘッド部単品では「WN-WT11S-H(シルバー)」が10,380円、「WN-WT11B-H(プレミアムブラック)」が11,380円(いずれも税別)。

    このほか、文字板にスワロフスキー・クリスタルをあしらった「wena wrist Three Hands Square -Crystal Edition-(クリスタルエディション)」も同日より発売。同モデルのデザインに合わせて制作された特製ブレスレット(スワロフスキー・クリスタル使用)が付属する(700セット限定)。

    価格は、ヘッド部+バンド部では「WN-WT12S(シルバー)」が55,380円、「WN-WT12B(プレミアムブラック)」が59,380円。ヘッド部単品では「WN-WT12S-H(シルバー)」が16,380円、「WN-WT12B-H(プレミアムブラック)」が17,380円(いずれも税別)。
    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=keitai/ctcd=3115/id=65447/


    引用元:http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498064803/

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    高級腕時計の「適正価格」をインベスターZから学ぶ!

    0
    コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 :ノチラ ★ 2017/05/22(月) 21:41:28.98 ID:CAP_USER.net
    お金の教養を身につけるのにうってつけのマンガ『インベスターZ』のエピソードを引用しながら、投資の基本と本質、そのおもしろさについて解説していきます。『インベスターZ』は、とある進学校にある秘密のクラブ「投資部」を舞台にした投資マンガです。

    投資の先輩として上から目線で主人公の孝史にアドバイスするヒロイン美雪。何かやり返せないかと思案した孝史は、美雪が着けている高級時計に目をとめ、「投資家としては三流だ」と言い捨てます……。

    (本記事は、三田紀房氏、ファイナンシャルアカデミー・渋谷豊氏の著書『せめて25歳で知りたかった投資の授業(星海社新書)』の中から一部を抜粋・編集しています)

    高級時計には「広告費」が上乗せされている
    https://cdn-zuu-online.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/wp-content/uploads/07a91fd2ea45754e450aff42da7ec2fa.png

    企業の株価を説明するときに、高級腕時計はいい材料になります。男性でも女性でも、ファッション誌に100万円、あるいはそれ以上の値段の時計が載っているのを見たことがあるのではないでしょうか。たとえばロレックス、オメガといったブランドもそうですし、カルティエ、シャネルなどもそうです(このお話には「マニュファクチュール=自社一貫生産」で生産される最高峰の高級時計はふくみません)。

    さて、高級腕時計は機械式というゼンマイを軸にした内部機構で動いているので、作りが複雑です。職人による専門的な工程を幾つも経て製品になるため、相当なコストがかかっています。とはいえ、それだけで数百万円の値段にはなりません。ファッション誌への広告費、スポーツ大会への協賛費用もかかっています。また、著名な俳優やスポーツ選手と年間契約してモデルに起用していますから、その費用もふくまれています。

    そう考えると、腕時計の「適正価格」はいくらになるでしょうか。「モノ」自体の値段で言えば、もっと低いかもしれません。孝史はそこを指摘し、「その時計が高いのはほとんど広告費だ」と言い放ったのです。時計以外でも、この手の話はゴロゴロしています。たとえば、ポストに投函される新築マンションの広告。5000万円、1億円――ここにも、広告費やモデルハウスの値段がふくまれています。高級車もそうですし、高級ホテルもしかりです。

    投資家たるもの「適正価格」を意識せよ
    世間で「ブランドビジネス」と呼ばれるものの多くは、こういった値付け構造を持っていますが、本当の値打ちはいかほどか? このことを真剣に考える人は多くありません。

    むろん、わたしはブランドビジネスが間違っていると言いたいのではありません。モノと情報が行きわたった現代で「売れる」ためには、利便性やスペックだけでは足りません。信頼や格式、あるいは商品のバックにあるストーリーが決め手になることは多い。

    しかし、投資家たるもの、その付加価値をふくめて適正かを常に気にとめる必要があります。たとえば、IT企業が新規で株式を公開する(IPO株)ときは、実際の実力以上の値段になる場合が多くあります。これは、企業の未来への期待を反映した数値で、これだって付加価値です。みんなが拍手を送っているときこそ、冷静に見つめて欲しいと思います。
    https://zuuonline.com/archives/152899

    引用元:http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1495456888/

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    とんねるずに買わされたロレックスのシードウェラーディープシー,有吉にしたら15万なんて微々たる額

    0
    コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 :名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ <small>[US]</small> 2017/05/18(木) 13:06:49.89 ID:5vv4/ZhB0.net BE:837857943-PLT(16930)</div><div class="be rPLT">?PLT(16930)

    腕時計投資家の斉藤由貴生です。『とんねるずのみなさんのおかげでした』という番組で、とんねるずのお二人がゲストに強制的に高いものを
    買わせるという企画があることは、ご存じでしょう。その総額は1億円以上にもなるというから驚きです。

    「嫌だ!」と言いながら時計を買って、それが仕事のネタとなり、そして着けて楽しめて、さらに買った値段より高く売れるなんて、なんてすごい買い物でしょう。

    そんな投資的な消費をした強者は誰かというと、それは有吉弘行さんです。

    有吉さんは2011年2月の放送の際、ロレックスのシードウェラーディープシー(116660)を80万円で購入。2010年にテレビにもっとも
    出演したことを記念して購入していましたが、その際かなり嫌がりながら買っていました。

    しかし、今では有吉さんのシードウェラーは中古最安値(楽天)でも95万400円という水準。有吉さんが新品で買った際は80万円ですから、
    約15万円も値上がりしています。95万400円という額は売値ですから、実際にはその額で売れないというツッコミもあるでしょう。では、
    買取額はどのぐらいかというと、あるお店(上場企業)が提示するワンプライス買取価格は92万3500円です。

    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170518/Spa_20170518_01330943.html

    ロレックスのシードウェラーディープシー


    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495080409/

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    【経済】セイコーの時計から「SEIKO」ロゴが消えた日 高級ブランドの育成に本腰、スイス勢に対抗

    0
    コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 :10分間電マを当ててイキ我慢 ★ 2017/05/14(日) 17:12:36.16 ID:CAP_USER9.net
    時計メーカー大手・セイコーウォッチの最高級ブランド「グランドセイコー」。日本では1960年から展開されており、価格は安くて20万円程度、高級品では300万円程度にもなる。

    この3月、グランドセイコーはブランド戦略を大きく転換した。セイコーの時計には必ず刻印されている「SEIKO」のロゴが、文字盤から消えたのだ。

    「グランドセイコーは、セイコーとは異なる別の高みを目指す」。セイコーウォッチの服部真二・現会長は、スイスで開かれた時計展示会でそう宣言した。新製品は3月24日から、ロゴを切り替えた現行製品は5月3日から店頭に並んでいる。

    ■国内は「おじさん」、海外は「中価格帯」
    ブランド改革はまず国内から始まっていた。以前から高級時計として存在感はあったものの、「おじさんの時計」というイメージが強かった。そのため近年、顧客の幅を広めてきた。

    2010年以降、入門品として20万円台という価格帯の時計販売に注力し始めた。セイコーの広告塔としてダルビッシュ有選手や大谷翔平選手といった、若い世代に人気の野球選手を起用するなどして、認知度向上に努めた。

    その結果、ここ4〜5年はグランドセイコーの購買層のうち30〜60代がそれぞれ20%ずつ、20代も10%以上を占めるようになった。

    一方の海外。セイコーブランドは中価格帯のイメージが強かった。そこで、2010年からグランドセイコーの海外展開を本格的に開始。「SEIKO」ロゴでセイコー色を維持しながら高級感を打ち出し、伝統とブランド力のあるスイス時計に伍していこうとしていた。

    それまで海外は数カ国のみの販売だったが、現在は30カ国以上にまで広がった。2009年から2015年の間に、グランドセイコーの売上高は4倍に膨らんだ。

    しかし、セイコーの萩原康則・マーケティング統括本部副本部長は満足していなかった。先進国市場の売上高のうち高級品が占める割合は7割近い。「大きな市場があるのに、セイコーのシェアは低かった」。そのため、「数年前からグランドセイコーをリニューアルするタイミングを見計らっていた」と萩原副本部長は明かす。スイス時計に対抗していく準備が整ったのが今年に入ってからだった。

    これまでのセイコーの高価格帯ブランドには、ビジネスパーソン向けのグランドセイコー、ドレスウォッチの「クレドール」、個性派の「ガランテ」という、主に3つがあった。高級品のブランドは用途別に分かれていた。



    東洋経済オンライン

    https://news.infoseek.co.jp/article/toyokeizai_20170514_171040/
    https://news.infoseek.co.jp/article/toyokeizai_20170514_171040/?p=2

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494749556/

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    【時計】G-SHOCK、過去最高850万個出荷 中国でヒット

    0
    コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 :ノチラ ★ 2017/05/13(土) 11:39:16.98 ID:CAP_USER.net
    1983年に発売を開始したカシオ計算機の腕時計シリーズ「G―SHOCK」の人気が再燃している。2016年度の出荷数は、過去最高だった前年度を50万個上回る年850万個を記録した。

     中国で「ゴリラが時計をたたきつけても壊れない」というインターネットのCMを流すなど販売を強化。中国と東南アジア向けの売れ行きが好調だった。10代後半〜20代の男性を中心に伸びたという。

     カシオの17年3月期決算は、円高などの影響で減収減益だったが、時計事業は現地通貨ベースで5%の増収。高木明徳専務は「大黒柱のG―SHOCKは、圧倒的な強みを顕示した」。最近の円安傾向もあり、18年3月期はG―SHOCKを軸に増収増益を見込む。
    http://www.asahi.com/articles/ASK5B5Q13K5BULFA02R.html

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1494643156/

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    【時計】「母の日」「父の日」に、シチズンの薄型時計ペアモデル

    0
    コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 :ノチラ ★ 2017/05/05(金) 12:38:24.49 ID:CAP_USER.net
    シチズン時計から、ブランドのエントリーライン「シチズンコレクション」の新製品として、薄型デザインのペアモデル腕時計が発売された。メンズモデル(BJ6484-50A)、レディスモデル(EM0404-51A)とも、税別価格は28,000円。「母の日」や「父の日」のプレゼントにも適したラインナップとなっている。


    機能面では、定期的な電池交換が不要の光発電「エコ・ドライブ」を搭載。また、付属のツールを使って、ユーザー自身が手軽にバンド調整できる「シンプルアジャスト機能」が便利だ。

    文字板には、視認性が高い3針とローマンインデックスを採用。サンレイ・フィニッシュと呼ばれる放射線状の加工によって、より広く見える文字板になっている。また、ベゼル部分のピンクゴールド、全体をシルバー基調とすることで、落ち着いた雰囲気に仕上げた。

    メンズモデルのケースサイズは径37.2×厚さ7.1mm、レディスモデルは径27.7×厚さ7.1mm(いずれも設計値)。ケースとバンド素材はステンレススチール、風防はサファイアガラス、防水性能は5気圧。
    http://news.mynavi.jp/news/2017/05/02/337/

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1493955504/

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    【高級ブランド】カルティエ、時計や宝飾品などすべての商品を10%値下げ 円高の影響で

    0
    コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1: 海江田三郎 ★ 2016/07/22(金) 08:59:43.03 _USER
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05116570R20C16A7TI5000/

    仏高級ブランドのカルティエは8月5日、時計や宝飾品などほぼ全ての商品を平均10%値下げする。
    円高の影響などを反映する。イタリアの高級腕時計ブランドのオフィチーネ・パネライも時計の価格を平均1割ほど引き下げた。
    円安や原料高を理由に値上げする高級ブランドは多いが、値下げするのは珍しい。

     カルティエはアクセサリーや補修品の価格も引き下げる予定。あわせて修理価格も改定する。高級時計などの需要は比較的底堅…

    引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1469145583/

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    【時計】充電不要のスマートウォッチが登場

    0
    コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 :海江田三郎 ★ 2017/01/04(水) 10:19:31.65 ID:CAP_USER.net
    http://healthcare.itmedia.co.jp/hc/articles/1701/03/news007.html

     「Apple Watch」などスマートウォッチの購入をためらう人にとって最大の懸念点は、バッテリーではないだろうか。
    「便利なのは確かだが、毎日の充電は面倒。そのうち使わなくなってしまうのでは……」という心配の声をよく耳にする。

     しかし、間もなくシリコンバレーから、「充電不要」という画期的なスマートウォッチが誕生する。
    ベンチャー企業、米Matrix Industriesが開発中の「MATRIX PowerWatch」は、世界初、「人間の体温」で充電できるスマートウォッチだという。
     現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で開発資金を調達中のこのデバイスは、2017年秋ごろに一般向けに販売される予定。
    気になる充電の仕組みを主な機能とともに紹介しよう。

    米Matrix Industriesが開発中のスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch」。その最大の売りは「充電不要」であることだ。
     装着する人間の体温が持つ熱エネルギーを電気エネルギーに変換することで充電してしまう仕組み。
    つまり、ただ身に着けているだけで充電されてしまうので、従来のスマートウォッチのようにバッテリー残量を気にする必要はない。
    人間の体温で充電するというこの発電技術は、1821年に発見された「ゼーベック効果」に基づいて開発されている。
    ゼーベック効果とは、複数の物体間で温度差が発生しているときに、
    電圧勾配がなくても電流が流れるというものだ(逆に電圧を温度差に変える「ペルティエ効果」はペルティエ素子に用いられている)。
     NASA(米航空宇宙局)も古くから宇宙船に電力を供給する方法として利用していた効果で、MATRIX PowerWatchはこれを応用した。

    (以下略)

    http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1483492771/

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    カテゴリー
    アーカイブ
    逆アクセスランキング
    top-back